セルフケア

セルフケア

センキューの経験から考える「健康マネジメント」

体には形状記憶的な何かがありそう いい状態を作れば そのいい状態はしばらく続き 悪い状態になれば その悪い状態はしばらく続く そんなセオリーが 体にはある気がします。 それぞれのメンテナンスの特...
セルフケア

カラダの不調をRPGに例えてみる

敵は不調そのものに例えられる 例えばスライムくらいの不調なら 大した装備がなくとも 割と簡単に倒すことができます。 こちらのレベルがある程度高ければ 戦わずしてもあちらから逃げていきます。 ところが この敵がホイミスラ...
セルフケア

「肝試しで体を涼しく」は間違いである

恐怖心を感じると ゾワゾワという感覚が生まれます。 このゾワゾワという感覚は 寒いときにおこる現象なので 暑い夏にゾワゾワ感を感じれば カラダが涼しくなるという理論が おそらく肝試しのベースになっています。 ■本当...
セルフケア

コロナ騒動の今だからわかる「いい治療家の見分け方」

コロナウイルス感染が騒がれる中 治療家は下記の3つのパターンに 大きく分かれてきていると思います。 ■①休止派 今は治療の時ではないと考える 完全堅実派。 ■②対策派 確かにコロナは脅威ではあるが 治...
セルフケア

誰にでも簡単にできるコロナウイルス対策

花粉症の人にマスクが手に入るようにする。 花粉症の人にマスクが届かないということは 届かない人の数だけ 唾液を巻き散らすスプレーを 量産しているのと一緒だと思います。 今、新型コロナウイルスは 無症状で終わる人も多い...
セルフケア

喘息や花粉症をアピールするバッチは付けないほうがいい。

なぜなら、おそらくその人は 新型コロナの検査で陰性が出ていないから。 感染しても無症状なことがあると いわれていますし 絶対にその人が感染していないという 保障はありません・ くしゃみで飛ぶ唾液の距離は 3~5mと...
セルフケア

コロナウイルス流行の今だから頭に入れておきたいたった1つのこと

「騒動の終息際に注意」 忙しいとき、ピンチなときは 免疫を働かせて カラダを休ませたり 発熱させたりすることは 人間にとって不利になると考えられます。 不利な状況にならないように 人間のカラダはストレスがかかると ...
セルフケア

本当にマスクにコロナウイルスの予防効果はないのか。

コロナウイルスの話題が話題ですね。 マスクが品切れのようです。 マスクは感染の予防には あまり効果がないとされていますが 本当に感染の予防に無意味かというと 私はそうではないと思います。 ■マスクは優秀な 防寒具で...
セルフケア

車に例えて東洋医学をわかりやすく解説「五臓・腎編」

腎は自動車でいう ボディやフレームです。 いくらエンジンが優秀でも 骨格が強くなければ 運転できません。 腎は骨を強くし 強いカラダを作る大本です。 腎がだめになると 膝や腰が痛くなったり 歯がもろく...
セルフケア

カゼなどで発熱をしたときのおススメの解熱法

まず原則として 発熱はカラダが上手く戦うために 起こる現象ですので 解熱は極力しないほうがいいです。 ただし例外として だるいけど動かなくてはいけないときと 38℃を超える高熱が出た時は 解熱をすることを考えてもいいと...
タイトルとURLをコピーしました