本当にマスクにコロナウイルスの予防効果はないのか。

コロナウイルスの話題が話題ですね。
マスクが品切れのようです。

マスクは感染の予防には
あまり効果がないとされていますが
本当に感染の予防に無意味かというと
私はそうではないと思います。

■マスクは優秀な
防寒具である。

マスクをすることで
口の中と鼻の中へ
乾燥した空気や冷気が
直接入ることを防止してくれます。

乾燥して寒い空気が
体の中に入れば
鼻、喉、肺などの
呼吸器系に負担がかかりますし
カラダの中に冷たい空気が入れば
カラダは冷えてしまいます。

人間のカラダは
体温が下がれば免疫力は下がり
体温が上がれば免疫力は上がる
傾向があるため

冷気をカラダの中に
なるべく取り込まないほうが
免疫力は高く保てるという
理論が立ちます。

マスクには
ウイルスのフィルターの効果は薄いですが
冷気と乾燥のフィルターとしては
いい仕事をしてくれると思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました