喘息や花粉症をアピールするバッチは付けないほうがいい。

なぜなら、おそらくその人は
新型コロナの検査で陰性が出ていないから。

感染しても無症状なことがあると
いわれていますし
絶対にその人が感染していないという
保障はありません・

くしゃみで飛ぶ唾液の距離は
3~5mと言われています。

つまり
くしゃみをする人の3~5mでは
唾液が飛んでくる可能性があります。

■じゃあマスクをすれば
いいんじゃないの?

マスクでくしゃみの唾液を
100%封じ込めることは難しく
どうしても唾液は飛んでしまいます。
(とはいえ、マスクは付けるべきだと思います)

■バッチが生み出すリスクもある

「花粉症・喘息だから大丈夫だよ」という
あまり正しいとは言えない主張を
バッチが広めてしまうリスクもあります。

花粉症

■じゃあどうすればいいのか。
できる範囲で予防をする。
体調の管理をしっかりする。
リスクのあることはしない、させない。

この3点を
みんなが意識すること。
それが一番だと思います。

喘息の人、花粉症の人が
感染症だと思われて
辛い気持ちになっているのはわかりますが
今の現状で考えると
私は喘息です、花粉症ですという
アピールをすることは
トータルであまり大きなメリットが
ないということを
頭に入れておくといいと思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました