コロナウイルス流行の今だから頭に入れておきたいたった1つのこと

「騒動の終息際に注意」

忙しいとき、ピンチなときは
免疫を働かせて
カラダを休ませたり
発熱させたりすることは
人間にとって不利になると考えられます。

不利な状況にならないように
人間のカラダはストレスがかかると
免疫を働かせないようにするホルモン
コルチゾールが出ています。

仕事や試験など
忙しい行事が終わったとたん
一気に風邪をひいたりしたことが
ありませんか?

これは忙しいときに
ホルモンで押さえられていた免疫が
忙しさから解消され
一気に働き出したことが
原因と考えられます。

■とんでもない事態に
今、社会はストレスに溢れている。

コロナウイルスの騒動で
ストレスを感じている人は
今、症状が出ていなくても
ひょっとすると
ストレスで出ているホルモンが
免疫を抑えているだけで
あなたのカラダは
もしかしたらコロナウイルスの
温床となっているかもしれません。

騒動が一段落したときに
一気に体調を崩す人がでることも
予想できます。

終わり際にも
一難あるかもしれないので、今から
暖かくして早く寝るなどの
体調管理をして終息に備えましょう。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました