「ツボの位置を覚えるのが面倒な方に」せんねん灸をする場所を見つける極意

他と比べて

目立って軟らかい部分

目立ってへこんでいる部分

 

ここにお灸をしていくといいです。

 

東洋医学の昔の書物に

「陥下には灸す」と言う言葉があります。

「へこんでいる部分にはお灸しましょう」

という意味です。

 

位置を覚えることをしなくとも

へこんでいる部分が

自分に力の足りていない部分だと

予想ができるなら、そこをツボとして

使うことができるという理屈です。

 

結局ツボの位置を覚えても

忘れてしまったり

毎回ツボの位置を復習しながらだと

肝心のセルフケアを続けるという

目的が達成できないことが多いのですが

へこんでいる部分や軟らかい部分を探して

お灸をするだけであれば

簡単に始めることができますね。

 

へこみにお灸をすることが習慣づいてきたら

いろんなツボにお灸をしていくけば

より質の高いセルフケアに

つなげることができるので

まずはへこみをみつけてお灸することから

始めてみてはいかがでしょう。


新潟市の出張治療 鍼灸マッサージ大福堂

■赤塚集落さんのレンタルスペースでも
料金は変わらず、施術することが出来ます。



料金に関して

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

■セルフマガジン完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。

ホームページ