いいうなぎ屋を見分けるたった1つの方法

それは土用の丑の日に

強引に押し売らない

ウナギ屋であるかどうか。

 

何故ならウナギは夏は痩せてしまって

おいしくないから。

 

ウナギの旬はウナギがよく太った

冬だと言われています。

 

商売なのである程度の売り込みは

仕方のないことでしょうが

過度に土用の丑の日を

経営戦略に使っているうなぎ屋は

商売人としてはいいのかもしれませんが

職人としてはいかがなものかと思います。

いかがなものかと思います。

 

「じゃあなんでこの季節に

ウナギを食べる風習があるの?」

 

 

理由として考えられているのは大きく2つ。

 

 

■その1

昔は栄養のある食べ物が少なかったから

旬じゃなくても夏を乗り切るために

食べていた。

 

 

■その2

昔、ウナギを売る商人は

夏でも元気(必死)な姿で働いていた。

 

 

夏が旬だからというわけではないんですね。

 

昔と違って今は色々な食べ物が

すぐに手に入りますから

ウナギに変わる夏バテ予防の

食べ物は色々あります。

 

例えばウナギに多く含まれる

「ビタミンA、B1、B2」は

豚肉とレバーにも多く含まれています。

 

簡単に食べれるもので

カバーできてしまうんですね。

 

この季節にウナギが食べたいというならば

話は別ですが

 

理屈で考えると

今、あえてウナギを食べる理由は

ブログやSNSのネタにする以外は

特にありません。

 

もしどうしてもSNSにあげたいなら

食べたいなら

高い天然は冬まで取っておいて

夏は養殖を頂くほうが

得策かもしれません。

 

ウナギはなかなか値が張るものですし

毎日食べれるものではないです。

 

おいしい時に食べた方がいいですよね。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました