【暖かくなってきたら気を付けて!】大きな食中毒を防ぐためのたった1つの工夫

 

・ソーセージ

・真空パックの商品

・レトルトパウチ

・缶詰

 

など

 

長期間空気が触れないように

密封されている食べ物は

加熱を怠ってはいけません。

 

 

■ボツリヌス菌は嫌気性菌である。

 

 

・嫌気性菌とは?

 

ざっくりいうと

空気のないところで

増殖をする菌のこと。

 

 

・ボツリヌス菌とは?

 

ざっくりいうと

感染すると神経麻痺を引き起こし

最悪死に至らせることもある菌。

 

つまり

密閉空間にある食べ物の中で

感染すると死に至ることのある菌が

増殖している可能性があるのです。

 

気にせず食べてしまうと

最悪死に至るなんて恐ろしいですね。

 

■ではどうすればいいのか。

 

ボツリヌス菌の弱点は「加熱」です。

しっかり加熱をして食べれば

ボツリヌス菌の感染を

予防することができます。

 

加熱調理済みであり

常温でも食べれるレトルトや

缶詰もありますが

中でボツリヌス菌がいない保証はなく

何が起こるかわかりません。

 

念には念を込める意味でも

しっかり加熱して召し上がることを

おススメします。

 

※この方法はボツリヌス菌感染を

完全に予防するものではありません。

賞味期限や保存方法などにも注意し

食中毒にならないようにしましょう。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました