「言ってることとやってることが違う」をチャンスに変える考え方

「あなた、言ってることとやってることが

全然違うじゃん」

 

って人から言われたり

 

「やっべぇ、前に書いたブログと

全然違うこと書いちゃったな」

 

って自分で思うことがあったり

 

誰しも一度は経験があることでは

ないでしょうか。

 

そう思っときは

物事に一貫性をもてない自分を

責めるのではなく

むしろチャンスとして変換していくことを

おススメします。

 

言っていることと

やっていることが違う時は

大きく3つのパターンが考えられます。

 

 

➀自分の軸がブレ始めている

⓶自分の中で意見が変わりつつある

③何も考えずに行動、言動を起こしている

 

 

 

 

➀自分の軸がブレ始めている

 

3つの中で1番よくあるのがこれ。

自分のなかでしっかりと軸を持っていても

他人の言葉や流行、世間体などなどによって

知らないうちにどんどんと

軸はブレていきます。

言ってることとやっていることが

違うと思った時には一度

 

・自分が絶対に譲れないもの

・自分の活動理念や枠組み

 

などなどを振り返ってセットし直してみると

いいと思います。

 

 

 

 

⓶自分の中で意見が変わりつつある

 

3つの中で1番チャンスだと思うのがこれ。

 

いろいろな人の意見を聞くことや

自分の経験値が上がっていくことで

考え方は色々変わっていくものです。

 

「今までなんでそう思えなかったんだ」

 

という考え方も

この瞬間に頭に降りてくることが多いです。

 

自分の意見が変わりつつある時に

やってはいけないのはプライドという

余計なブレーキを踏むこと。

 

プライドはどこかに

忘れてくるくらいの状態で

自分は本当はどう思っているのか

自分と向き合う時間を作ることを

お勧めします。

 

 

 

 

③何も考えずに行動、言動を起こしている

3つの中で1番危険なのがこれ。

 

 

根拠もなく、その時の感情などに任せて

行動、言動をを起こすと

色々とややこしいことになります。

 

このモードになっているときは

心ここにあらずという状態です。

 

冷静になろうとしても

なれないことが多いです。

 

ただ、このモードでいて

得することは少ないので

まずは落ち着いて

気持ちをリセットしてみては

いかがでしょう。

 

 

 

「言っていることとやっていることが違う」

 

うるせーよと言いたくなるセリフですが

言われた時にはせっかくですから

凹んだり、逆ギレしたりするより

チャンスに変えていきたいものです。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました