【受験シーズン】勉強するときに食べてはいけないものベスト3

1位チョコレート
2位ケーキ
3位カツ丼

■1位 チョコレート

チョコレートは
勉強効率をとても悪くする食べ物です。

血糖値を急激に上げる作用があり
カラダがだるくなってしまいます。

また、急激に上がった血糖値を
カラダは頑張って下げようとします。
その結果、必要以上に
血糖が下がってしまうことがあり
カラダに負担がかかるだけという
結果が考えられます。

さらにチョコレートに多く含まれる
糖質と脂質は
カラダを酸性にする作用があります。
カラダが酸性になると
カラダの中の酸素の巡りが悪くなり
脳も酸欠状態になってしまいます。

■2位 ケーキ

1位のチョコレートでも書きましたが
糖質と脂質を多く含む食べ物を
食べてから勉強するのは
効率がよくありません。
ケーキも糖質と脂質を多く含むので
勉強には適さない食べ物といえます。

クリスマスシーズンと
受験シーズンは
重なる傾向にあるので
注意したいものです。

時期でいうと正月のお餅も
糖質の塊なので
食べ方には注意が必要です。

■3位 カツ丼

「受験に勝つ」とか
言っている場合ではありません。

揚げ物は消化が良くないですし
1位、2位と同様に
糖質と脂質を多く含む食べ物です。

受験の日のお昼ご飯に
カツを食べることは
縁起しかよくありません。

縁起以外の作戦で受験をしたほうが
私はいいと思います。

おいしい物を食べて
気力、体力を養うことは大事ですが
食べる量とタイミングを考えながら
勉強をしていくことが
勉強効率を保ちながら
受験を攻略するカギといえます。

受験生の皆さん
勉強もエネルギー補給も
メリハリをつけて行っていきましょう。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました