「肉食は悪ではない」食の欧米化を馬鹿にするな

「現代人はカロリー取り過ぎ。

粗食を心掛けるべきだ」

 

なんてことをよく耳にしますが

実は、60歳くらいからは

人間は食が細くなるため

ある程度は肉を食べた方が

アクティブな生活が楽しめるといった

データが出ています。

 

高齢者が肉を食べるといい理由は大きく3つ。

 

■その1

筋肉の素材となるタンパク質が豊富である。

 

以前、筋トレの重要性をお話しましたが、

筋トレの際、筋肉を作る材料が多いことに

越したことはありません。

 

 

 

■その2

血液の素材となる鉄分が豊富である

 

高齢者が貧血になると

転倒のリスクになります。

 

転倒による骨折は少なくないですし

転倒したショックにより

認知症を発症したというような話も

聞いたことがあります。

 

貧血による転倒はバカに出来ません。

 

 

 

■その3

そしゃく機能が鍛えられる。

 

肉はある程度の弾力と

噛みごたえがあるため

顎と歯を使って食べ物を噛む

「そしゃく機能」を使わないと

食べれません。

 

柔らかい物ばかり食べているより

肉を食べていたほうが食事をする能力の

維持に期待ができるといえます。

 

 

カロリーの取り過ぎは

生活習慣病のリスクになりますが

食の細い高齢者の方には

肉を食べさせてはいけないわけではなく

むしろ有利に働く場合もあることを

覚えておくといいかもしれません。


新潟市の出張治療 鍼灸マッサージ大福堂

■赤塚集落さんのレンタルスペースでも
料金は変わらず、施術することが出来ます。



料金に関して

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

■セルフマガジン完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。

ホームページ