「意外と知られていない」ステロイド薬はなぜ体に悪いのか。

先日、自家製のステロイド剤が

体の中で作られているという

ブログを書きました。

記事は こちら

 

体内で作られる

しかもピンチのときに活躍するステロイドが

なぜこんなにも避けられているのか。

理由は大きく2つ。

 

①副作用

ステロイドを使いすぎると

様々な副作用があります。

 

具体的には

・糖尿病

・高血圧

・毛深くなる

・顔や体型が崩れる

・胃潰瘍

 

などが上げられます。

 

②体内で分泌しなくなる。

 

健康な人であれば、ピンチのときに

自家製のステロイドが体内に分泌されて

炎症を抑え、血圧や血糖を上げて

戦闘体勢にしてくれます。

 

しかし

体の外からステロイド剤を補充すると

自家製のステロイドを作る必要性が

なくなってしまいます。

 

体は外からの補充に頼ってしまい

自家製のステロイドを作ることを

やめてしまうのです。

 

自家製のステロイドを作ることを

体がやめてしまうと

いざピンチが訪れたときに

体では作られず、戦闘体勢になりません。

 

こうなってしまうと

体外からのステロイド剤投与に

依存しないといけなくなるわけです。

 

 

 

炎症を抑える薬に関して

ステロイド薬以外にも

いろいろと出てきているようです。

 

ステロイド薬の常用は

良いこととはいえませんから

一度代わりになる薬や治療が無いか

専門家に相談してみても

いいのではないでしょうか。



【出張美容鍼の予定】
6月 仙台 (満員御礼)

■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■赤塚集落さんのレンタルスペースでも
料金は変わらず、施術することが出来ます。



料金に関して

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

■LINE@やっています。
こちらよりご登録いただけます。

タイトルとURLをコピーしました