簡単にできる血の不足チェックと食事での対策を東洋医学的に考えてみた

東洋医学では、まぶたの裏や

舌、爪の色を見て体の状態を推測します。

 

まぶたの裏、舌、爪の色が白いと

体内に血が足りていないとの予想が立ち

筋肉のけいれん、こわばり

ドライアイ、不眠やものわすれなどが

出てくるといわれています。

 

まぶたの裏、舌、爪の色が

紫や黒っぽい赤色をしていると

体内で血の塊ができているとの予想が立ち

カラダに悪さを働きます。

 

血の塊は

刺すような痛みや、下腹部の痛み

夜間の痛みを引き起こしたり

肌をザラザラにしたり

血や栄養の巡りを悪くします。

 

放置するとドロドロな血液の

原因にもなりかねません。

 

血を正常にするためには

血の材料となるホウレンソウなどの

鉄が豊富な食材や

納豆や青魚など

の血液をサラサラにする食材が

適していると思います。

 

ここであげた食材は

東洋医学的にも

血を補う「補血作用」と

血の流れをよくする「活血作用」を

それぞれ持っているので

栄養学的にも、東洋医学的にも

血のトリートメントを

行うことができます。

 

まぶたや舌、爪などをチェックと

血をトリートメントする食材で

元気な体を作りましょう。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました