「それ、病気じゃないかも」症状はカラダの出す大事な警告である

■問題

次のうち、病気はどれでしょう。

 

・熱が出た

・血圧が高い

・下痢をしている

・痛い

 

正解はどれも病気ではありません。

 

上に挙げたものはすべて

病気というよりも症状で

人間が体内を正常に運営するための

反応といえます。

 

 

■熱が出るのは体の異常事態を

修復しやすくする環境整備のため。

 

体温が高いほうが体の修理屋は

活動しやすいため

カゼなどの感染症での発熱は

体はわざと体温を上げています。

 

 

 

■高血圧は

全身にうまく血液を巡らせられないときに

起こる反応である。

 

例外はあるものの

血圧が高い人の裏側には

血液をうまくめぐらせることのできない

何かしらの原因があり

血圧の数値を下げるよりもまず

原因の見直しが大事であるといえます。

 

■下痢は腸内にふさわしくないものを

急速に排出するための反応である。

 

脱水に備えて人肌くらいのぬるま湯を

飲むのもいいと思います。

 

 

■痛みは体のピンチを知らせる警告である。

 

警告を無視して体を使い続けては

良くないことが起こりそうな感じは

想像できますね。

 

 

■まずは症状の原因を突き止めよう。

 

上記に挙げた症状をはじめ

一見病気と思われがちな症状は

悪者ではなく人間にとって必要な警告です。

 

どうしても異常な数値や不快な感覚を

押えたい気持ちが先走りますが

まずは原因をはっきりさせることのほうが

重要ですので、市販薬や自己判断で

安易に症状に対応する前に

信頼のできる専門家に

相談するようにしましょう。

 

私は医師ではないので

診断はできませんが

症状に関して相談に乗ることはできますので

お気軽にお声かけください。


新潟市の出張治療 鍼灸マッサージ大福堂

■赤塚集落さんのレンタルスペースでも
料金は変わらず、施術することが出来ます。



料金に関して

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

■セルフマガジン完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。

ホームページ