手動のコーヒーミルを自動で豆が挽けるように改造してみた

▼私の使っているコーヒー豆を挽く道具

(コーヒーミルといいます)

 

金属でなくセラミックの刃なので

金属臭さが移ることがなく

分解して丸洗いができる。

 

エスプレッソにもできるくらい

豆を細かく挽くこともできるので

気に入っています。

 

ただ、改善を望む点としては

止め具がないので

ハンドルがすぐにはずれてしまうこと。

外れてしまうことがストレスで

せっかくのコーヒータイムが台無し。

 

ハンドルを改良して

はずれにくくしようとも思ったのですが

 

ちょっくらひらめいたので

改造を試みてみました。

 

用意するもの

・小型の電気ドライバー

・キーレスチャック

 

キーレスチャックとは?

くちばしのような形状で

あらゆる工具の先端をキャッチし

差し込むことが出来る拡張部品。

ホームセンターで

1000円くらいで買えます。

 

■実験開始

 

▼コーヒー豆を挽く準備をします。

▼ハンドルをつける部分に

キーレスチャックを付けます。

▼キーレスチャックに

電気ドライバーをつけて

あとはドライバーを回せば・・・

 

▼しっかり引くことが出来ました。

コーヒー豆の中には

結構硬いものがあり

挽くだけで一苦労なものもあるのですが

 

これなら簡単に挽くことが出来ます。

 

もう手動には戻れそうもありません。

 

▼私の使っているオススメの
コーヒーミルはこちら

▼私の使っているオススメの

電気ドライバーはこちら

 

※Amazonでも

キーレスチャックは買えますが

ホームセンターで実物を見て

選んだほうが間違いはないかも。

 

※キーレスチャックもドライバーも

正式な使い方ではないので

あくまで自己責任でお願いします。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました