うつ病の人に「頑張らなくていいよ」というのは万能ではない。

うつ病の患者さんには

「頑張って」と声をかけるのは

タブーであるという

セオリーがあるのですが

これが最近では絶対的なセオリーではない

ということが注目されています。

 

うつ病と診断された人を

大きく3つに分けると

以下のとおりになります。

 

①頑張った末にうつ病

②頑張っていなくてうつ病

③診断されただけのうつ病

 

批判覚悟で言いますが

うつ病の人の中には

あまり頑張っていない人も

混ざっているのです。

 

あまり頑張っていないうつ病の人に

頑張らなくてもいいんだよと伝えると

本当に頑張らない人になってしまう

原因にもなると考えられてきています。

 

 

「かんばっている」の基準は

人によって違いますし

頑張ったほうがいい人と

頑張らないほうがいい人の違いは

なかなか難しい問題なのですが

少なくとも「頑張らなくていい」

と言う言葉が万能ではないという事が

分かりつつあります。

 

うつ病の人にだけではありませんが

言葉は慎重に選んでいきたいものです。


■楽しいことを創造する
楽しいことツクルンダー
センキューオオノ

Amazonほしいものリスト


YouTubeチャンネル


オフィシャルグッズ
タイトルとURLをコピーしました