「震災だからって自粛は不要」震災に必要なのは○○である。

大阪の地震があったことを忘れたかのように

ワールドカップのコロンビア戦の勝利を

喜んでいいのか。

 

と思い、先日Facebookに投稿したのですが

結果、見事に論破されてしまいました。

 

■震災と関係のないところで自粛しても

何の解決にもならない。

 

■被災地を心配に思うのであれば

募金なりボランティアなりに

参加すればいいんじゃないか。

 

■震災をはじめ悲しい出来事に対し

楽しい投稿を不謹慎だなんだといったら

何も言えないし何もできない。

 

まさにその通りですね。

 

思い返せば3.11の震災のときも

前回の冬の大雪のときも

普段挨拶もしないような人と

声を掛け合って助け合ったのを

思い出しました。

 

そりゃあ平然としている場合じゃないけど

自然災害を相手に何ができるわけでもない。

 

というような心情からでしょうか

何故かみんな元気でした。

 

 

私は3.11があった年の夏に

岩手の震災地を見に行きました。

 

その時、現地の人と

お話しさせてもらいました。

 

現地の人は

 

「震災があったときは

もうどうしていいかわからなかったけれど

今はとにかく1人でも多くの人に

この現状、震災の怖さをぜひ見てもらいたい」

 

と力強くおっしゃられていました。

 

 

被災地の方は飼われている

ワンちゃんを連れていました。

 

 

ワンちゃんは私を見て

嬉しそうに小躍りした後

楽しそうにガレキで遊んでいました。

 

 

被災地から感じたものとして

震災の怖さはもちろん感じましたが

それと同じくらい現地の人と

元気にはしゃぐワンちゃんから

震災を経験した人たちの強さというものも

伝わってきました。

 

現地の方を元気づけないといけないのは

私のほうだと思っていたのに

なんか訪問したこっちが

元気をもらってしまったなぁ

という感じでした。

 

震災には安全な設備や物資はもちろんですが

それだけではなく

活力やつながりといったものが

大切なのだと思います。

 

 

その活力やつながりに

少しでも役に立てることを。

 

意味のない自粛はせず

できることをやりたいと思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました