海水浴やコスプレから学ぶ「肌の露出への抵抗感」

今日は患者着について
考えてみたいと思います。

鍼灸師が施術するとき
利用者さんになるべく肌を
露出させずに施術できるように
着替えてもらう着替え。

しかし露出は少なくできると言っても
ゼロにはできません。

■患者着での肌の露出には
抵抗があるのに
なぜ、コスプレや海水浴では
肌を露出できるのか。

私なりに理由を考えてみましたが
きっと患者着は着ても楽しくないけど
海水浴やコスプレは
楽しいからではないでしょうか。

■着たくなる患者着
楽しくなる患者着の
開発を勧めてはどうか。

海水浴やコスプレのように
肌を露出しても楽しいような
患者着を作ることができれば
少しは鍼灸治療に対する抵抗も
薄くできるのではないでしょうか。

ぼんやりとした案ではありますが
受療率をアップできる
可能性はあると思います。


■楽しいことを創造する
楽しいことツクルンダー
センキューオオノ

Amazonほしいものリスト


YouTubeチャンネル


オフィシャルグッズ
タイトルとURLをコピーしました