【道具へのこだわり】使い捨ての鍼を使用する3つのメリット

①金属の劣化の問題がない

②衛生面に不安要素を作らない

③誰に使ったものかわからない鍼は

気持ちのいいものではない

 

■①金属の劣化の問題がない

1度使った鍼を再使用する場合は

圧力鍋のような器具を使って

高圧蒸気で滅菌します。

高圧蒸気や人間の体液によって

鍼は劣化することがあります。

 

使い捨ての鍼は

一度使用したら捨ててしまうので

金属の劣化の問題がありません。

 

 

■②衛生面に不安要素を作らない

 

滅菌されていれば

鍼を再利用することは

基本問題はないのですが

万が一滅菌が不十分だった場合には

そうもいきません。

 

滅菌をかけて鍼を再利用する場合

少なからず衛生面・感染面に

不安要素を作ることは

避けて通れません。

 

 

■③誰に使ったものかわからない鍼は

気持ちのいいものではない

 

これはもう気持ちの問題ですが

安全だからといって誰かに一度刺した鍼を

刺されて気持ちがいいかということ。

 

しっかり綺麗にしたからといって

誰かが使った歯ブラシを使うことや

誰かがはいたパンツを履くことなどには

個人差はあるものの

抵抗が生じてしまいます。

 

常に新品で使い捨ての鍼であれば

そういった「誰かが使ったもの感」を

感じることはありません。

 

道具へのこだわりやコストの問題から

滅菌して使わざるを得ない鍼もありますが

使い捨ての鍼と比べた時に

安心感の面では大きく差が開きます。

 

ちなみに私の使う鍼は

すべて使い捨てのものですので

安心して受けていただければと思います。



【出張美容鍼の予定】
6月 仙台 (満員御礼)

■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■赤塚集落さんのレンタルスペースでも
料金は変わらず、施術することが出来ます。



料金に関して

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

■LINE@やっています。
こちらよりご登録いただけます。

タイトルとURLをコピーしました