ディスった表現でコミュニケーションしないためのたったひとつのポイント

それは
「相手への配慮があるかどうか」

相手への配慮があるかどうかで
大抵の表現は侮辱、軽蔑を
含まなくなります。

■ディスった表現してくる人は
ただ単に配慮が足りていないだけで
いいアドバイスをしようとしている
可能性もある。

例えばアンドロイドを使っている人に
不具合の少ないアイフォンを
勧めるときの勧め方で

「なんだアイフォンじゃないのかよ。
アンドロイドなんて不具合だらけで
使いづらいだろ。」

というのと

「アンドロイドは使ったことないけど
不具合少ないしアイフォンもいいよ」

というのでは
言いたいことは同じでも
感じ方にはかなり差があるはずです。

その時の気分や精神状況や
言葉が見つからないときに
とっさに出てしまった言葉などにより
配慮が欠けた表現をしてしまうことは
誰しも少なからずあることですが
相手への配慮をなるべく意識して
交流をしていくと余計なカドの立たない
人間関係が作れるのではないでしょうか。


■楽しいことを創造する
楽しいことツクルンダー
センキューオオノ

Amazonほしいものリスト


YouTubeチャンネル


オフィシャルグッズ
タイトルとURLをコピーしました