「精神疾患と診断されてしまった」どう付き合っていけばよいか。

以前、マライアキャリーさんが

双極性障害と診断された記事を書きました。

記事はこちら

 

 

双極性障害を始め

うつ病などの精神疾患には主に

薬物療法が行われます。

 

不安を取り除く薬や

うつ状態を緩和する薬などが

主に処方されます。

 

処方される薬は

不安・うつ状態を緩和できても

根本的な問題解決に効果があるかというと

疑問が沸く部分があります。

 

一時的な緩和は望めても

逆にリバウンドが起きてしまえば

本末転倒であると考える専門家もいます。

 

精神疾患において注意しなくてはいけない

問題行動は大きく2つあります。

 

①自分や他人に暴力をふるうなどの異常行動

②自殺を考えること

 

この2つが見られる場合は

最悪の事態が予想できるので

薬剤療法は非常に重要だと思います。

 

しかし、軽度なうつ症状や

本当にうつ病なの?というものであれば

精神疾患の薬は強烈に作用するものが

多いとも言われていますし

安易に薬を飲むべきではないと思います。

 

薬を飲み始めると

種類や量が増えることは多いですが

減らすことはなかなかできません。

減らすことが出来ない理由は以下の3点。

 

①薬の持つ副作用や依存性の問題

 

②精神疾患は再発しやすいので

辞め時の見極めが難しい

 

③お医者さんのガイドラインには

減らす方針のものが少ない。

 

 

「精神疾患を治療したいけど

薬には頼りたくないし依存が怖いな」

 

そう思う方に是非とも考えてほしいのが

鍼灸治療です。

 

鍼灸は依存性やリバウンドは

ゼロではないにしても薬よりマイルドです。

中断したいときに中断して構いません。

 

残念ながら

うつ病自体は鍼灸でも治りません。

 

※治るって言う人もいますが

個人的には治らないと思います。

 

しかし、うつ病の症状には

改善の効果が期待出来ますので

一度試してみる価値はあります。

 

長々と書きましたが精神疾患に関しても

信頼できる精神科のお医者さんの

おっしゃることがまず最優先です。

 

信頼できるお医者さんの治療のもと

鍼灸など、効果のある治療を

組み合わせて薬のみに依存しないで

なるべく薬を飲まなくてよくなるように

精神疾患付き合っていくと

良いのではないでしょうか。



【出張美容鍼の予定】
6月 仙台 (満員御礼)

■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■赤塚集落さんのレンタルスペースでも
料金は変わらず、施術することが出来ます。



料金に関して

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

■LINE@やっています。
こちらよりご登録いただけます。

タイトルとURLをコピーしました