【泣くは恥だが役に立つ】感極まって泣くことのメリット

「感極まって泣く」と

脳内で「セロトニン」という物質が

分泌されます。

 

■セロトニンとは?

喜怒哀楽といった人間の感情が

暴走しないように調節する物質。

 

楽器がうまく調和するように動く

コンサートの指揮者を

イメージしてもらうと

しっくり来るかもしれません。

 

このセロトニンがうまく分泌されないと

感情の波長が不安定になり

いわゆる「うつ症状」などの

精神的な失調が出てきます。

 

人間が涙を流すシーンは

 

①目を保護するために自然と流れる

②ワサビ等の刺激により反射的に出る

③感極まって泣いてしまう

 

に大きく分かれます。

 

そのうちセロトニンが最も分泌されるのは

「③感極まって泣いてしまう」です。

 

ただ感極まって泣くことでも

セロトニンの分泌は期待できますが

せっかくならセロトニンがたくさん出る

泣き方をしたいですよね。

 

セロトニンをたくさん分泌させるため

泣き方のコツは、たった1つ。

 

「思いっきり泣ける状態で泣くこと」です。

 

泣くことを我慢すると

その我慢がストレスとなり

うまくセロトニンが分泌されません。

 

時間に余裕があるとき

誰にも見られていない状態で

映画でも何でもいいので

泣けるネタを用意して何も気にせず泣くと

セロトニンの大放出となります。

 

■泣くと他にもこんな効果が。

 

感情の変化により涙を流しているときは

リラックスしている時と同じような反応が

カラダに起きます。

 

泣きつかれて寝てしまう子どもは

泣いたことでカラダがそのまま

リラックスモードになり

カラダのスイッチが

オフになったと考えられます。

 

■まとめ

現代はストレス社会で

体は常に興奮状態の方が多いと思います。

精神的に疲れている方も多いでしょう。

 

世間的に「泣くこと」は

情けない、かっこ悪いという

イメージがありますが

うつ症状などが多い現代人には

泣くことが足りていないのかもしれません。

堂々と人前で泣くのは

確かに良くないのかもしれませんが

 

泣けるネタ

泣ける時間・空間を用意して

思いっきり泣くことも時には必要だと

私は思います。

 

このブログの元ネタとなった

イズカーマサヨさんの記事は

こちら と こちら


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました