奇襲技から学ぶブランディング戦略「なぜ痛快に決まるのか」

奇襲技という戦法をご存知ですか?

相手が予想しないような技を仕掛ける

戦法のことです。

 

スポーツで言うと

相撲の「猫だまし」や

野球の「スクイズ」などが

有名どころでしょうか。

 

奇襲技が効果を発揮する条件は

大きく3つ

 

①相手が油断している

②相手の心理の裏をかいた作戦である

③とっておきの作戦である

 

というような条件が挙げられます。

 

3つをまとめると奇襲技は

しょっちゅう決まる作戦ではない

という事が分かります。

 

そして、もうひとつ。

奇襲技は失敗したとき

逆にピンチを生むという

リスクも考えなくてはいけません。

 

使いどころがなかなか難しいのです。

 

この奇襲技と言う戦法

セルフブランディングでも

同じことが言えるのではないでしょうか。

 

普段、優しい人がたまに見せる毒舌

普段、ふざけてる人がたまに見せる真面目さ

普段、強い人が見せる弱い面

 

というように、普段の印象とは

違った面をたまに見せるのは

ブランディングとして

とっても効果的だと思います。

 

ただ奇襲技の効果に味をしめて

奇襲技を常用してしまうと

いろいろおかしいことになります。

 

毒舌を常用する=嫌な奴

真面目さを常用する=クソ真面目

弱みを常に出す=ネガティブ野郎

 

このように、味をしめてしまい

奇襲技を常用すると

かえってマイナスになってしまうことも

考えられます。

 

奇襲技で自分の首を絞めないように

バランスをとりながら

ブランディングをしたいものですね。


■楽しいことを創造する
楽しいことツクルンダー
センキューオオノ

Amazonほしいものリスト


YouTubeチャンネル


オフィシャルグッズ
タイトルとURLをコピーしました