糖尿病を薬で治療することは諸刃の剣である

糖尿病になると

血糖値が高くなってしまいます。

 

血糖値が高くなると

血液がベタベタした状態になり

血管を傷つけます。

 

細い血管が通っている

神経や目や腎臓の血管が破壊されたり

 

糖が血管に詰まってしまって

脳梗塞、心筋梗塞、脳出血などの

重い病気にかかる恐れがあります。

 

「それは大変だ!薬で解決してもらおう!」

 

と思う人もいると思いますが

ちょっと待ってください。

 

薬の成分は最終的に肝臓で分解されて

腎臓で尿となって

役目を終えるものです。

 

つまり、薬で数値は改善しても

腎臓に負担がかかるため

結果、体には良くありませんし

薬を飲んだとしても

血糖を下げるインスリンを分泌する

膵臓の仕事に頼りきりであれば

膵臓も疲れるばかりでしょう。

 

■食事療法と運動療法が大事

 

一番体に負担のない

オススメの糖尿病の予防改善策が

食事療法と運動療法です。

 

一番面倒で

なかなか効果の出ない治療法ですが

これが一番体に良いです。

 

運動と食事の習慣を見直すことで

怖い糖尿病を予防しましょう。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました