「あくまで応急処置」なぜ痛みに湿布を貼るのか

 

湿布薬は

痛みの物質を作らなくしたり

皮膚を刺激して

痛みを緩和したりする薬であるので

直接原因を治すものではありません。

 

■ではなぜ痛みに湿布を使うの?

 

湿布には大きく分けて2種類あり

それぞれ作用の仕方が違います。

 

▼2つの作用

①:皮膚に成分を作用させるもの

②:皮膚を通じて体の中に

成分を浸透させるもの

 

 

 

①:皮膚に成分を作用させるもの

 

代表的なもの

・サロンパス

・(普通の)パテックス

・トクホン

 

などなど

 

これらは皮膚から冷感を与えて

痛みを和らげたり

皮膚を刺激して

血管を拡張させる効果を期待しています。

 

実際に体の中に

成分を浸透させるわけではなく

あくまで皮膚に作用して

効果を期待するものです。

 

 

②:皮膚を通じて体の中に

成分を浸透させるもの

 

代表的なもの

・モーラステープ(直射日光厳禁)

・ロキソニンテープ

・ボルタレンテープ

・バンテリン

・フェイタス

・パテックスフェルビナク

 

などなど

 

これは禁煙用のニコチンパッチを

想像してもらうと

分かりやすいかもしれません。

 

ニコチンパッチは

煙草をやめる為に

依存性のあるニコチンを

煙草からではなく、皮膚からシップで

体に取り込み禁煙をサポートする

アイテムです。

 

パッチに使われる成分が

ニコチンでなく痛み止めなら

痛み止めの効果が現れるわけです。

 

 

■症状にあわせて湿布薬のチョイスを

 

痛みに対しては

①の湿布よりも②の湿布のほうが

痛みを抑える効果は強いといえます。

 

②の湿布で痛みが治らない場合は

お医者さんをはじめとする

専門家に相談することをオススメします。

 

私も力になれることがあれば

協力させていただきますので

お声かけいただければと思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました