「新潟が誇る職人技」良質なお灸は新潟限定で作られている

ヨモギから作られている

お灸の材料「もぐさ」

 

もぐさにもグレードがあり

きめの粗い青臭いものから

きめの細かな芳香なものまで

 

いろいろな種類があります。

 

グレードの高いもぐさは

実は新潟県でしか作られていません。

しかも冬にしか作れないとのこと。

 

■なぜ新潟で冬にしか作れないのか。

 

①気温・湿度が適している

②機械化できないノウハウがある

③お灸をする鍼灸師が減ってきている。

 

まとめると

気候的にも、ノウハウ的にも、ビジネス的にも

作ることが難しいのです。

 

■このままでは「お灸」は文化的に

消滅の路線をたどる。

 

作ることが難しいのに加え

使う鍼灸師も減っているため

このままではお灸という治療は

無くなっていくのではないかと

いわれています。

 

「お灸を据える」と言うような

お灸を説教やお仕置きのように

扱う言葉がありますが

現代のお灸は心地よいものも多く

体の不調にもオススメです。

 

私はこのお灸の文化を

今後なくしたくはないので

お灸を使ったセルフケアを

積極的に勧めて行きたいと思っています。

 

ブログでも紹介しているので

(例えば こちら

ご興味のあるかたは

ご覧いただければ幸いです。

 

 


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました