なぜ医師はぎっくり腰に胃薬を処方するのか

「こないだぎっくり腰で整形外科に行ったら

なんか胃薬処方されたんだけど」

「別に胃なんて痛くないのに」

 

というお話を

利用者さんから聞くことがあります。

 

▼よく処方される胃薬の名前

・タケプロン

・ムコスタ

・レバミピド

・ガスター

・セルベックス

 

などなど

 

 

■なぜ胃薬が処方されたのか。

 

ロキソニン、ボルタレンなどの痛み止めは

体が痛みを感じる物質(発痛物質)が

体内で作られるのを抑える作用があります。

 

体が痛みを感じる物質が少なくして

痛みを抑えるわけですね。

 

反面、このタイプの痛み止めは

副作用として胃酸をたくさん出してしまう

という副作用があります。

 

この副作用でたくさん胃酸が出てしまうと

胃潰瘍になることも考えられます。

 

そのため痛み止めと一緒に

胃薬が処方されるわけです。

 

空腹時に痛み止めを飲んではいけないという

注意点があるのも

胃潰瘍になることを予防する為です。

 

「ぎっくり腰なのに胃薬とか

しっかりと話を聞いてくれているのかなぁ」

 

と不安になる人もいらっしゃるのですが

上記の理由から胃薬が

ぎっくり腰に処方されることは

おかしなことではありません。

 

「胃薬とか処方するなんて何なんだろう。

かかりつけのお医者さん変えようかな」

 

と考えている人がいらっしゃれば

ぎっくり腰に胃薬が処方されることは

別に悪いことではありませんので

考え直してもいいと思います。


■楽しいことを創造する
楽しいことツクルンダー
センキューオオノ

Amazonほしいものリスト


YouTubeチャンネル


オフィシャルグッズ
タイトルとURLをコピーしました