「マニア向け」薬効成分をプラスしたせんねん灸

お灸にはいろいろな種類があるのですが

みそや、しょうがなどを体の上に敷き

その上でヨモギを燃やす方法もあります。

 

■なぜそんなことをするのか。

 

理由は大きく2つ

①熱すぎるお灸にならないように

クッションとしての役割

 

②みそやしょうがの薬効成分を

体に浸透させる役割

 

 

■薬効成分には具体的に

どんな効果が期待できるのか。

 

これは古くから伝えられてきた書物に

記載のある内容らしいのですが

 

・しょうが

免疫系、不妊系の症状

 

・にんにく

婦人科系、鎮痛

 

・みそ

胃腸の症状

 

にそれぞれ良いといわれています。

 

 

「お灸のために

食べものを粗末にするのは気が引ける」

 

そういう人もいると思います。

 

そんな人にせんねん灸にあらかじめ

薬効成分がプラスされているもの。

 

▼しょうが

▼にんにく

▼みそ

浸透力や実施例に関しては

データが無いようですが

手軽なものですので

試している価値はあると思います。

 

せんねん灸に含まれている

にんにくやしょうがの成分も燃えるので

独特のにおいはどうしても出ますが

個人的にはアロマなお灸よりも

いい香りだと思います。

 

すこしマニアックなところまで

こだわりたい人は

一度試してみてもいいのではないでしょうか。



【出張美容鍼の予定】
4月 宮城県/仙台 詳細はこちら
5月 兵庫県/尼崎 詳細はこちら


新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■赤塚集落さんのレンタルスペースでも
料金は変わらず、施術することが出来ます。



料金に関して

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

■セルフマガジン完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。

ホームページ

■LINE@やっています。
こちらよりご登録いただけます。

タイトルとURLをコピーしました