陰陽論の謎「善の反対は悪」

陰陽論とは?

物事を全く特徴の違う
二つに分ける考え方です。

特徴は全く正反対ではありますが
どっちか一方だけでは存在できず
お互いは助け合いながら
バランスを取っています。

例えば背が高い人は
背が低い人がいて初めて
背が高いかどうかがわかります。
背が高い人と背が低い人の
両方が存在しなければ
背が高いか低いかは考えられません。

■陰陽論の考え方には
どっちがいいか悪いかはないという
考え方があるが果たしてそうなのか。

上の反対は下
熱いの反対は冷たい

上がよくて下が悪い
熱いのは良くて寒いのは悪い

そういう考え方はできず
どちらがいいか悪いかという
概念はないとされています。

ただ、これに関しては
説明がつかない部分があると思うのです。
それは「悪いの反対は良い」だということ

「良い」がなければ「悪い」がない
という考え方はできますけど
「良い」と「悪い」は
良し悪しを決める表現なので
どっちがいいか悪いかという考えは
絶対になくてはならない考え方です。

「良い」と「悪い」の陰陽について
何か特例があるのでしょうか。

屁理屈かもしれませんが
謎は深まるばかりです。



【出張美容鍼の予定】
6月 仙台 (満員御礼)

■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■赤塚集落さんのレンタルスペースでも
料金は変わらず、施術することが出来ます。



料金に関して

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

■LINE@やっています。
こちらよりご登録いただけます。

タイトルとURLをコピーしました