1人の学生の決意から分かる「鍼灸専門学校の学生に必要なこと」

先日の鍼灸のイベント「‐響‐」

このイベントは満員御礼で

行けない人が発生するほどの

大盛況でした。

 

実はこの大盛況の裏側で

とある鍼灸専門学校学生が

こんなクラウドファンディング

立ち上げていました。

 

 

■クラウドファンディングを

良く知らない人のために少し解説

 

クラウドファンディングで

資金の支援をもらう代わりに

立案者は支援してくれた人に

お返し(リターン)を

設定することが出来ます。

 

このクラウドファンディングのリターンには

 

「カッコいい鍼灸師になります」

 

という「決意」がリターンとして

設定されていました。

 

なんと感動するリターンでしょうか。

 

私が学生から聞きたかった言葉

私が学生に求めていた言葉は

まさにこれだったようです。

 

学生に必要なのは

国家試験の得点をぶっちぎることでも

先生にペコペコすることでもありません。

 

確かに学業は学生の本分だし

社会の歩き方も大切だけど

鍼灸師はセンター試験か何かのように

得点率で勝負が決まるわけでもありません。

 

鍼灸師になるために専門学校に来たのだから

大切なのは学生のうちからいち早く

鍼灸師としての将来像をイメージして

勇気をもって前に出ること。

 

今、前に出るためのツールは

SNS、ブログ、セミナー、イベントなどなど

学生のうちからも周りにいっぱいあって

簡単に利用できます。

 

使うかどうかはあなた次第です。

 

 

■今、鍼灸専門学校に通う学生へ

 

 

淡々と学生生活を

過ごしていませんか?

 

卒業後のことに関して

何か考えていますか?

 

卒業してからあなたに何が出来ますか?

 

勉強に疲れた合間の時間

登下校中の時間

つまらない授業の時間

 

などなど

少しずつでもいいから

卒業後のビジョンをイメージし

今から何ができるかを

どんどん考えていきましょう。

 

そして、先輩鍼灸師が引くくらいに

勇気をもってどんどんと

前に出てきてほしいと思っています。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました