【月間約2500PVのブロガーが語る】このくらいのPV数が丁度いいかも知れないと思う3つの理由

※PV=ページビュー

アクセス数のことです

 

①PV数が増えると

自然にブログがかけなくなる。

 

②PV数は大事だけどPVだけじゃない

 

③私と純粋に絡んでくれる人と絡みたい。

 

■①

PV数が増えると

自然にブログがかけなくなる。

 

確かにPV数って増えると嬉しいんですよ。

 

アメブロだった頃は

水増しだと思っていても

やっぱり多いと嬉しかったですもん。

 

拡散力のある人のシェアなどがあり

一時的にグーンとPV数が伸びると

飛び上がるように嬉しいですよね。

 

しかし、問題は次が続かないこと。

 

一時的に跳ねあがったPV数は

日に日に暴落していき

結局、元通りに。むしろ悪くなることも。

 

下落するPVにモヤモヤした気分になったり

PV数の死守などを第一に考えすぎたりで

一番肝心である

「ブログを書くことを楽しむこと」が

おろそかになってしまうことがあります。

 

それではもったいないし

ブログは楽しんで書かないと

義務感に追われた作業になってしまいます。

 

そうなるくらいなら、よくも悪くも無い

自然な数値が続くことは

悪くないことだと思います。

(もちろん、少しずつ伸ばして行きたい欲や

3000PVを目指している自分も存在していますが)

 

 

■②

PV数は大事だけどPVだけじゃない

 

PV数が多いほどたくさんの人に

読んでもらっている

指標にはなりますが

 

一時的にPV数が多くなっても

普段と何も変わらないこともあります。

これではPV数が増えても

あまり意味がありません。

 

それに、PV数が多い記事を書いても

その記事を自分が書いていて

楽しいことでなければ

これもまた苦痛な作業になってしまう

可能性もあると思います。

 

「必要な人に情報を届けること」を

PV数よりも重視して

ブログを書くことに

私は楽しさを感じています。

 

■③

楽しく絡んでくれる人と絡みたい。

 

PV数を上げるために

質より量を重視したリアクション作戦を

使っているんじゃないかという人を

結構見かけます。

 

・ブログをしっかり読めば

このコメントは書かないはずなんだけど…

 

・え、これになんて答えればいいの?

 

・同調のコメントしてるけど

きっとそう思ってないよな~。

 

という味気ないコメント

私もしてしまうことがありますが

結構いろんなところで目にしますよね。

 

絡んでくれることだけで

楽しいと感じる人ならば

いいのでしょうが

私はこの手のコメントが付くと

苦痛に感じます。

 

そんなに一生懸命私に

コメントを付けなくても

気の合うことを書いてくれば

自然にコメントし合えますし

コメント付けないから疎遠になることも

ないので、自然と絡めるコメントだけ

書いていただければ幸いです。

 

■まとめ

私がブログを書くときは

 

・自分が楽しむこと

・必要な人に読んでもらうこと

・ブログを通じて仲間が増えること

 

この3点を重視して書いています。


新潟市の出張治療 鍼灸マッサージ大福堂

■赤塚集落さんのレンタルスペースでも
料金は変わらず、施術することが出来ます。



料金に関して

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

■セルフマガジン完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。

ホームページ