「フランダースの犬」はセンスのかけらもないタイトルである

フランダースの犬と言う童話を

ご存知ですか?

 

舞台はベルギー北部のフランドル地方

少年ネロと、飼い犬パトラッシュの

悲しすぎる物語です。

(詳しくはこちら

 

 

<ここまでの整理>

フランダース:地域の名称

パトラッシュ:犬の名前

ネロ:人の名前

 

■紛らわしいタイトルのせいで

おかしい現象が起こりうる。

 

例えば

A「フランダースの飼ってる犬って

なんて名前だっけ?」

 

B「ネロだよ。」

 

というように物語と

あまり関係のないフランダースという

地方の名前が色濃く現れているので

登場人物の名前にまで

影響を及ぼしてしまうことがあります。

 

これでは感動的なストーリーが

なんだか台無しになってしまいます。

 

■フランダースの犬はいくらでも

分かりやすくタイトルを変えられる。

 

例えば

 

・愛犬パトラッシュ

・ネロとパトラッシュ

・パトラッシュという犬

 

のようにすれば、センスは置いておいて

シンプルに伝わるタイトルがつけられます。

この際、舞台がフランダースである必要は

あまりありません。

 

強いこだわりもあるのでしょうが

分かりやすいタイトルをつけることは

読み手を混乱させないための

大切なことですね。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました