使う道具へのこだわり「肩こり腰痛への鍼」

以前、美容に使っている鍼への

こだわりをまとめたブログを書きました。

(ブログは こちら

 

美容の場合は

綺麗に傷をつけれる鍼を使用していますが

肩こりや腰痛に関しては

また違うこだわりを持って施術しています。

 

こだわりは大きく分けて3点

 

①目標となる筋肉をうまく狙える

②鍼を刺された時の余計な違和感が少ない

③操作性がよい

 

 

私が肩こりや腰痛の施術に使う鍼は

 

①狙いを定めやすい六角ガイドチューブ付き

②刺した違和感が少なくかつ、しっかり響く

③パッケージがスマートで操作性がよい。

 

という条件の揃った使い捨ての鍼です。

 

色々な鍼を使ってきましたが

使ってきた中で

私が一番うまく効果が出せて

利用者さんに頂いた施術時間を

一番有効に使うことができるのが

ユニコというメーカーの鍼でした。

 

▼こんなパッケージに入っています。

水色のやつが六角のガイドチューブです。

 

 

▼こんな感じで鍼をするときに使用します。

 

 

美容鍼は肌の基盤を

いかにきれいにできるかだと思いますが

肩こり腰痛などの不快感に関しては

いかに症状を抑えることに

特化できるかだと思います。

 

また、私の場合、肩や腰などの治療は

美容鍼よりも施術する範囲が広いので

操作性がよくないと

施術時間内にできることが

限られてしまいます。

 

簡単に開封できて

ゴミも散らからないので

テンポ良く施術することが可能です。

 

鍼灸師の使う鍼にも色々種類があるのですが

鍼の特性を研究しながら

利用者さんの満足度を上げることにも

力を注いでいることを

このブログから少しでも

実感して頂けたら嬉しいです。


新潟市の出張治療 鍼灸マッサージ大福堂

■赤塚集落さんのレンタルスペースでも
料金は変わらず、施術することが出来ます。



料金に関して

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

■セルフマガジン完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。

ホームページ