使う道具へのこだわり「美容鍼」

一般的に

大きな傷は治りにくく痕になりやすく

小さな傷は治りやすく痕にになりにくいです。

 

切れ味のいい刃でつけられた傷は

治りやすく痕になりにくく

切れ味の悪い刃でつけられた傷は

治りにくく痕になりやすいです。

 

綺麗な刃でつけられた傷は

治りやすく後になりにくく

汚い刃でつけられた傷は

治りにくく痕になりやすいです。

 

以上をまとめると

綺麗に早く傷が治る条件としては

 

①微細な傷

②切れ味の良いものでつけられた傷

③綺麗なものでつけられた傷

 

の3つになります。

この3つを私は美容鍼では

こだわるようにしています。

 

私が美容鍼に使用する鍼は

 

①髪の毛くらいの細さで

微細な傷をつけることができる。

 

②鏡のようにピカピカに研がれていて

切れ味がよい

 

③超音波洗浄や細部までわたる滅菌が

なされていて清潔である。

 

という条件の揃った使い捨て鍼です。

 

▼実際に使用している鍼はこちら

 

 

日本のメーカーの鍼は

どれも品質がとてもいいとは思うのですが

その中でも最高品質に近いものを

使っています。

 

品質が高い分、価格も高い欠点もあり

正直、ここまでしなくても

いいんじゃないかくらいの

高品質の鍼だと思うのですが

「美容」というテーマに応えるには

必要なこだわりの条件なのかなと

思っています。

 

私はなんとなく鍼を選んでいるのではなく

「早く綺麗に治る」のこだわりのある鍼を

使っていることを少しでも

知ってもらえたら嬉しいです。

 



【出張美容鍼の予定】
4月 宮城県/仙台 詳細はこちら
5月 兵庫県/尼崎 詳細はこちら


新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■赤塚集落さんのレンタルスペースでも
料金は変わらず、施術することが出来ます。



料金に関して

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

■セルフマガジン完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。

ホームページ

■LINE@やっています。
こちらよりご登録いただけます。

タイトルとURLをコピーしました