カラダが柔らかいほどケガをしにくいは本当か

間違いだと思います。

カラダが柔らかいということは
筋肉が柔らかいということになるのですが
筋肉が柔らかいと関節が動きすぎてしまい
関節に負荷がかかったり
必要以上に関節が動いてしまったりして
関節には逆に負担がかかってしまいます。

カラダは柔らかすぎず固すぎずの
ちょうどいい硬さがよいとされています。

■ちょうどいい硬さとは?

あくまで一つの例ですが
カラダを前屈したときに

床に手のひらがべったりつくと
柔らかすぎのサイン

床に指がつかないと
硬すぎのサインです。

体の柔軟性は
生まれつきの要素もあるので
なかなか調整しにくいですが
硬くても柔らかくても
関節を強く動かしたり
大きく動かしたりすることは
ケガにつながることを
抑えておいて損はないと思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました