「タブーを作らず」縁起でもない話をしておこう

「もし自分が死んだら」とか

「親ががんになったら」とか

 

縁起でもない話を

しない風習がありますが

果たしてそれって正しいことですか?

 

縁起でもない話をしておかないと

縁起でもないことが起こったら

取り返しのつかないことに

なってしまうかもしれません。

 

縁起でもないことが起こった時

話の中心になっている人は

もうこの世にいないかんしれません。

 

何事も備えあれば憂いなし。

タブーを作らず

縁起でもないと思うことも

話をしていくといいと思います。

 

え?コトダマのリスクがあるって?

縁起でもない話をしないリスクのほうが

全然高いと思いますよ。

 

え?もしもの時は

死者を呼び出してもらって

会話すればいいって?

 

死者を呼び出すくらいなら

今のうちにしておいたほうが

後悔しないと思いますよ。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました