こんなブログどうだっていいから古畑任三郎の神回について語ろう

今年お亡くなりになった
田村正和さんが主演を務めたドラマ

「古畑任三郎」

ファンの方も多いのではないでしょうか。

古畑任三郎のシナリオには パターンがある。

①トリック重視パターン
②動機重視パターン
③エンディング重視パターン

その中で特に好きなのが
③のエンディング重視パターン

「終わりよければすべてよし」
という言葉があるように
ストーリーの盛り上がりを
最後に持っていくパターンの回は
殺人が題材のドラマなのに
爽快な気持ちにさせられます。

私の好きな回ベスト5

第1位 再会(津川雅彦)
第2位 偽善の報酬(加藤治子)
第3位 哀しき完全犯罪(田中美佐子)
第4位 動機の鑑定(澤村藤十郎)
第5位 動く死体(堺正章)

どの回もエンディングに
熱い気持ちがこめられていて
見終わったときに
考えさせられるものばかりです。

とはいえ ①や②もすばらしい

私が好きなのは
エンディング重視ですが

それに負けず劣らず
トリック重視や
動機重視も
面白いものばかりです。
たまに「ん?」と思うものも
あるにはありますが

①の例としては
VSクイズ王(唐沢寿明)
汚れた王将(坂東八十助)

②の例としては

魔術師の選択(山城新伍)
笑わない女(沢口靖子)

などなどがあります。

どれもおすすめなので
良ければ見てみてください。

古畑任三郎の作品を
めっちゃしっかりまとめてあるサイト
古畑任三郎事件ファイルは

こちら


■楽しいことを創造する
楽しいことツクルンダー
センキューオオノ

Amazonほしいものリスト


YouTubeチャンネル


オフィシャルグッズ
タイトルとURLをコピーしました