あなたが憎まれるブログを書く理由は何ですか?

「ヘイトを買う」と言う言葉を

ご存知ですか?

 

ヘイト=憎しみ

 

つまり

ヘイトを買う=憎まれるような振る舞い

という意味で使われる言葉です。

 

なんかブログを読んでいると

自分に関係あってもなくても

読むだけでムカつくブログ

嫌な気分になるブログってありませんか?

 

私も一時期、心が穏やかじゃないときに

ヘイトを買うようなブログを

書いてしまいましたが

 

しっかりとした戦略や意図がなければ

個人的にヘイトを買うこと自体

原則的にマイナス行為だと思います。

 

だって、そんなブログ

読むだけでストレスですもん。

 

なのに、なぜヘイトを買うブログを書く人が

後を絶たないのか。

 

大きく3つのパターンが

あるのかなと思います。

 

■その1

「ヘイトを買うようなブログを書くと

スッキリするんです」

 

確かにそれはあります。

 

ストレス解消のために

ブログを書くのもいいと思います。

 

ただ、読み手はどうですか?

 

この次もあなたのブログを

読みたくなりますか?

 

■その2

「ヘイトを買うようなブログを書くと

アクセス数が上がるんです」

 

ブログの良し悪しをアクセス数で

決める人に多い発言ですが

 

確かに過激なタイトル、過激な内容は

一時的にアクセス数は増えるかもしれません。

 

しかし、そのブログで

読み手は継続して見たいと思いますか?

 

そのブログで

アクセス数が増えると何が変わりますか?

 

■その3

「ヘイトを買うようなブログで

変な人が寄ってこないようにしているんです」

 

確かに一理あります。

過激な文章は周囲を牽制する効果が

高い手法ですね。

 

しかし、あなたにとって

必要な人まで牽制してませんか?

 

去っていって欲しいはずの人が残り

残って欲しいはずのファンが

去っていっていませんか?

 

ブログは不特定多数の人が

自由に見れるものですし

上手くヘイトを買うのは難しいです。

(お前そんなにアクセス数ないだろ)

 

あなたがヘイトを買うブログを書く理由

明確に言うことはできますか?

 

人間ですから

たまにはぼやきたくなるものです。

それは仕方ないことだと思います。

 

しかし、度が過ぎてしまうと

自分で自分の首を絞めるリスクがあることは

頭に入れておく必要があると思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました