人を嫌いになるのは脳の正常な反応である

脳には大脳辺縁系と

呼ばれる部分があります。

 

大脳辺縁系とは脳にある

経験と本能を司るグループのことです。

 

この説明だとちょっと難しいと思うので

もう少し砕いて話すと

 

「あの時○○だったから××しなさい」

という行動をとっさにとるための司令塔が

大脳辺縁系です。

 

例を出すと

・あの時、あの人に殴られたから

あの人から逃げなさい

 

・あの時勉強しないで後悔したのだから

勉強しなさい

 

・あの時あの人は助けてくれたのだから

あの人には気を許しなさい

 

というような行動は

大脳辺縁系が主体となって実行されます。

 

大脳辺縁系がうまく働かないと

人間は危険の予測ができなくなったり

安全な場所はどこなのかも

わからなくなります。

 

つまり、安全か危険かを判断するために

大脳辺縁系は生物とって

非常に重要な部分であるといえます。

ここまでを踏まえて

「あの人は私に嫌なことをするから嫌い」

と言う感情に関して考えると

 

嫌なことをする=安全ではない(危険)

嫌なことをする=嫌い(避ける)

 

安全ではない人=嫌いな人

 

というような理屈が

例外はあるでしょうが成り立つわけです。

 

嫌いな人ができることは

人間の正常な反応であり

危機管理能力が備わっている証拠です。

 

嫌いな人が大勢いるのは

逆に問題かもしれませんし

疲れが溜まると思います。

 

しかし人を嫌ってしまう自分を

あまり責める必要もないと思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました