大いに黄ばんでしまったスーパーファミコンのソフトの中身を開封してみた。

スーパーファミコンのソフトって

保存状態が良くなかったりすると

激しく黄ばんでしまいます。

 

▼左のソフトが黄ばんでしまったやつ

※一応、タイトルはぼかしてあります。

 

 

「この黄ばみ方からして

きっとこのソフトの中身は

めっちゃ腐食しているんじゃないか」

 

「どれくらい腐食しているか

この目で確かめたい」

 

 

■ということで実際に

ソフトを分解して確認してみた。

 

 

スーファミのソフトは

特殊なネジで止められているので分解には

特殊なドライバーが必要になります。

 

▼こんなやつ

 

▼この特殊なドライバーでネジを外し

上部のツメを外すように空けると

 

 

▼基盤が見えました。

 

 

・・・・・

 

キレイじゃないか。

素晴らしくキレイじゃないか。

 

 

ケースはあんなに黄ばんでいるのに。

 

これがまさに

古き良きメイドインジャパンの品質。

 

 

対応年数がきたら壊れてしまい

どんどん買い換える現代とは違い

いいものを作り

末永く使ってほしいという精神が

今回の分解から感じることができました。

 

ちなみに実際にスーファミのソフトを

修理・メンテナンスして

販売している人の話によると

現在出回っているスーファミのソフトで

全く映らなくて

どうしようもなくなってしまったソフトは

5000本に1本くらいとのことです。

 

品質の高さがここからも伺えます。

 

物を選ぶときには

なるべく末永く使えるものを

選んで買いたいですね。

 

でも長く使えるものって

最近なかなか無いんだよなー。

 

▼今回分解に使った

ドライバーはこちら

 

 

 


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました