つぶやきシローから学ぶ「人気獲得術」

つぶやきシローという芸人さんを

ご存知でしょうか。

 

20年くらい前にブレイクした

その名のとおりつぶやく芸風の

芸人さんなのですが

現在ではあまり見かけません。

 

いわゆる一発屋といわれる

芸人さんですが現在はナレーションなど

声の活動メインで活動されているそうです。

 

メディア露出が少ないため

一発屋と称されていますが

二発目もしっかりつなげているんですね。

 

つぶやきシローはボキャブラ天国という

テレビ番組で注目された芸人さんですが

当時ボキャブラ天国には1回の放送で30組の

芸人が出場する激戦番組でした。

 

■なぜつぶやきシローが

30組以上の芸人の中から注目されたのか。

 

他にもたくさん面白い芸人さんは

ボキャブラ天国にも出ていました。

(爆笑問題、ネプチューンなど)

 

その中でまず注目されたのは

つぶやきシローだったわけですが

その決め手となったのは

何だったのでしょうか。

 

これは個人的な推測になりますが

 

「芸風と芸名が一致していて

覚えやすかったから」

 

だと思います。

 

爆笑問題、ネプチューン、

海砂利水魚(現くりぃむしちゅ~)

 

などなど文句なしに面白い芸人は

沢山いたのですが

やはり名前が憶えづらいことが

つぶやきシローとの

大きな差だったのかなと思います。

 

それだけ名前というものは

アピールポイントになるのだと思います。

 

私のいまいち浸透していない活動名

「センキュー」ですが

ルーツは鍼灸からきています。

(名付け親はイズカーマサヨさん)

 

活動内容と活動名は一致しているのに

なかなか浸透しないのはどういうことでしょう。

 

 

これも個人的な見解ですが

 

「もっと浸透するように

本人が頑張る必要があるから」

 

すいません、もっと頑張ります。

 

■まとめ

・せっかく活動がよくても活動名が残念だと

損をする。

・いくら活動名、活動内容がよくても

アクティブに活動しないと浸透しない。


■楽しいことを創造する
楽しいことツクルンダー
センキューオオノ

Amazonほしいものリスト


YouTubeチャンネル


オフィシャルグッズ
タイトルとURLをコピーしました