「愛犬の避妊手術」メリットとデメリット

■メリット
①婦人科系の病気が防げる
②生理(ヒート)を気にしなくていい

■デメリット
①子供を産むことが出来ない
②太りやすくなる
③手術・入院しなくてはいけない

一見デメリットのほうが多そうですが
私たちは避妊手術を
ひまわりにしてもらうことを選びました。

■なぜ、避妊手術を選んだのか。

人間もそうですが
子供ができることが幸せとは限りません。

もし、ひまわりに子供ができたとすると
多かれ少なかれ、私たち夫婦の愛情は
ひまわりとひまわりの子供に
分散してしまうだろうということと

犬の生理は始まりから終わりまで
1か月くらいかかることもあり
愛犬が生理中のときは
入場できない施設も多いので
手術したほうがひまわりの生涯で
一緒にお出かけできる時間も
増やせるだろうということで

避妊手術をしたほうが
ひまわりの一生で考えれば
有意義に過ごせるのではないかと
考えました。

今、お腹の傷はまだ癒えず
包帯やエリザベスカラーが邪魔で
いい気分ではなさそうですが

包帯が取れたら
生理を気にせずオールシーズン
楽しい時間、お出かけの計画を
たくさん立てて、たくさん出かけて
沢山思い出を作りたいです。


■楽しいことを創造する
楽しいことツクルンダー
センキューオオノ

Amazonほしいものリスト


YouTubeチャンネル


オフィシャルグッズ
タイトルとURLをコピーしました