カゼなどで発熱をしたときのおススメの解熱法

まず原則として
発熱はカラダが上手く戦うために
起こる現象ですので
解熱は極力しないほうがいいです。

ただし例外として
だるいけど動かなくてはいけないときと
38℃を超える高熱が出た時は
解熱をすることを考えてもいいと思います。

カラダの材料である
タンパク質は熱に弱く
高熱にさらされると
壊れていってしまいます。

脳にもタンパク質は含まれていますし
高熱でタンパク質が
壊れるくらいなら
解熱を考えてもいいと思います。

■おススメの解熱の仕方

それは、冷水や氷水に
タオルを浸して絞ったものを
カラダにあてること

カラダの表面から
寒さの信号をキャッチし
体温を逃がさないようにする
仕組みでできています。

冷たい氷を当てて
ガンガン冷やしたいところですが
カラダに熱を閉じ込めてしまう
結果になってしまうこともあります。

冷水で絞ったタオルならば
程よく冷たい程度なので
カラダが熱を逃がさないようにする
反応は少なく済みます。

結果効率よく
体に負担も少なく
解熱できることが
期待できます。

速く熱を下げたいという
気持ちはわかりますが
解熱も急がば回れだということを
頭に入れておくといいと思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました