20代の女性の命を奪った恐ろしい「ヒートショック」の対策法

ヒートショックとは

寒いところに行ったときに
ブルブルと震える現象が
極限まで至ったような状態で

急激な温度差によって
脳の血管に負荷がかかり
破裂してしまうことです。

脳に直接障害が出るので
最悪死に至ることも。

温かいお風呂から上がり
冷えた脱衣所に移動する際の
温度差で起こることが
多いといわれています。

他にも
温かい室内から外出するときや
暖かい部屋からトイレへ行くときなど
意外なところに危険なシーンがあります。

特に、トイレで用を足すときに
いきんでしまうと
ヒートショックのリスクは
高くなり危険です。

■対策

脱衣所やトイレにヒーターを置く
外出時には温かくして出かける

というような
急激な寒暖差、温度差を
なるべくなくす工夫が有効になります。

急激な寒暖差の恐怖は
想像以上のものがあります。
若い女性もヒートショックで
お亡くなりになる事例もあり
誰しも他人ごとではないですから
寒暖差の対策を考えていきましょう。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました