なぜプラボディを使うのか。

デクロスは
TAREKAマシンだからとして

マンモスダンプ
マッハフレーム

と私のマシンは
プラボディしかありません。

プラボディは重く
レースには向かないというのが
一般論です。

そんな中私は
なぜプラボディを使っているのか。

理由は大きく2つ
①好きなマシンである
②アニマルが乗せやすく映える

私は
▼マンモスダンプも

mde

▼マッハフレームも

dav

アニマルを複数乗せています。

▼TAREKAマシンのデクロスも

dav

みんなアニマルを複数乗せることを
ポリシーとしてやってきました。

ポリカボディでも試してみたのですが
乗るには乗りますが
プラボディほど映えませんでした。
ひまわりがいるので
塗装があまりできないというのも
映えない理由ではありますが。

dav

■プラボディは本当に重いのか

いま手元にポリカボディがないのですが
ポリカボディは6グラムくらいと
どこかで見たことがあります。

マンモスダンプの重さは
アニマル込みで11グラム

アニマルは1匹あたり
2グラムくらいあります。

つまりアニマル2匹の重量を引いた
マンモスダンプの重量は
約7グラム

実際大きなアドバンテージに
なるのかというと
そうでもなさそうです。

マッハフレームも
見た目の質量的に
マンモスダンプと
同等くらいだと思います。

■実際それほどの
重量のハンデにならないなら
無理に使う必要は無い。

ボディにもよりますが
プラボディでも軽量なもので
愛着があるなら
プラボディでもいい気がします。

成長曲線が
停滞気味なので
ポリカボディで走ってみようかと
最近思いましたが
ポリカボディで
「これだ!」というものに
巡り合うまでは
このままプラボディのマシンを
使い続けていこうと思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました