ジャンボカップを終えて「UMJチャレンジで見えてきたこと」

UMJチャレンジのコースのある
新潟市江南区のジャンボドーム

UMJチャレンジとは

詳細はこちら

今回このUMJチャレンジのコースで
レースが行われました。

■UMJチャレンジ前回の記録
29.12秒

前回からの変更点
・ローラーベアリングの
脱脂、注油

■練習走行にてのハイスコア
28.85秒

記録更新となりました。
コーナーの速度は
ローラーメンテナンス前から
結構スムーズだったので
脱脂注油が今回のタイム更新に
効果があったかはわかりませんが
最初に待ち構える2段下り坂を
スムーズに飛べるようになっていました。
ドラゴンバックからのバンクへの飛込みも
姿勢よく着地も決まりました。

■大会の総評
他のレーンからの影響や
モーターやブレーキの状態で
練習走行よりも完走率は
かなり落ちてしまいました。

単独で3週する練習走行とは
コースの状況が違うことは当然のことで
それを踏まえてきれいに走ることが
レースの秘訣だと思います。

■今回の大会から予想する
コースアウトの原因

リアヒクオの開閉と
マスダンの跳ねる量の調節で
2段下りスロープと
ドラゴンバックからのスロープの
飛距離と姿勢に
大きな差が見られたことから
リアのヒクオの動きの微妙な差に
レース中のコース状況の変化が加わり
走り方に変化がみられて
コースアウトするのではないかと思いました。

現在のマシンは
リアユニットの部分に
リアヒクオと東北ダンパーの
支点がある状態なので
東北ダンパーとリアヒクオが
お互いに悪さをしあうことが
考えられます。

■今後の方針

①東北ダンパーとリアヒクオを
分離させてみる。

②東北ダンパーの形を
いろいろ試してみる

③速度・安定度を上げる
セッティングの幅を増やす

以上を考えて
ブラッシュアップしていこうと思います。

速度でも走り方でも
まずまず戦えるマシンに
なってきていると思うので
この調子で頑張っていこうと思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました