「フラットマシン作成」なんとなく見えてきたもの

dav

▲何もわからないですが
フラットマシンを作ってみました。

せっかくなので
余りがちなプラローラーを
使ってみました。

重量75g(電池、ボディなし)
MAにしては軽いほうかなと。

タイヤ径約27.5mm
トルクチューンモーター

フラットをやってる人にとっては
甘々なマシンだと思いますが
まずは形から入ろうかなぁと。

実際、コースを走らせてみると
直線や単独のカーブは
まあまあ速いのですが
チューリップが遅い。

原因はプラローラーということと
マシンの剛性が低いからなのかなぁと
予想してます。

メインマシンも
センターシャーシの剛性が抜け
接点不良が起きていると
先輩レーサーの方から
アドバイスをもらいました。

ミニ四駆は
軽ければ良いわけでもないし
しなれば良いわけでもないのですね。

次に作るときは
マシンの剛性も考えながら
作ってみようと思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました