セラピストなら気を付けたい文章の書き方

セラピストが文章を書くのは
「です・ます調」が無難だ。
なぜなら、「だ・である」調は
偉そうに聞こえるし
何だかトゲトゲしいからだ。
また「だ・である」調を使うと
難しい言葉を
無意識に選んで
使ってしまう雰囲気がある。
いつもは「です・ます調」で
私は文章を書いているが
今日は「だ・である」調で
文を書いてる。
書いている本人が
書きながら文章に
硬さを感じているのだから
おそらく読み手も
固く感じているのではないだろうか。
人を癒す・治療するということは
まず利用者さんを
安心させることが第一なのに
たかが語尾の使い方だけで
近寄りがたさを出しては
何のメリットもない話だ。
セラピストなら
何か特別なことがなければ
ですます調を使って
文章を書くことを
心がけたほうがいい(です。)

■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました