クソまじめな話を聞いてもらえる時代ではない

厚生労働省のポスター

「麻しんがゼロ」

 

 

厚生労働省も

オヤジギャグを言う時代です。

パロディを導入する時代です。

 

どんなに大事なことであっても

どんなに必要なことであっても

話し方や説明が下手だったり

つまらなかったりすると

相手には伝わりません。

 

記憶として定着するのも

インパクトの強いものと

インパクトの弱いものでは

インパクトの強いもののほうが

しっかりと定着します。

 

厚生労働省もただ単に

国民に訴えているだけでは

人は動かないということを知ったうえで

やっているのでしょうね。

 

インパクトが強すぎて

本題がかすれてしまうという

デメリットもありますが

情報にあふれている現在では

ただ単に有益な情報を発信するだけでは

話を聞いてもらえないことは

少なくないと思います。

 

話にインパクトを加える工夫を

考えていきたいものですね。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました