「ディズニー訴訟」従業員の女性が診断された胸郭出口症候群とは?

■胸郭出口症候群とは?

首や肋骨、鎖骨などの周りにある

筋肉が緊張して

首から腕に伸びる神経や血管を

圧迫する病態です。

 

■どんな人に起こるのか

・腕を高く上げることが多い職業

・重量物を背負う職業

・肩の凝る仕事

 

つまり胸郭出口症候群は

美容師、教師、長距離の電車通勤の人

鉄骨を担ぐような職業の人

 

などなどによく見られる病態です。

そんなに珍しいものではないと思います。

 

何を隠そう

私も胸郭出口症候群の一人です。

 

パワハラや過剰な労働などは

訴訟の対象になりうるかもしれません。

 

しかし

胸郭出口症候群で訴訟という話になると

裁判所が足りなくなると思います。

 

胸郭出口症候群の人が出てきた為に

パワハラなどの被害が

一気に安く見えてきた医療従事者の方は

私だけではないのではないでしょうか。

 

パワハラが真実であれば

許されるものではないかもしれませんが

個人的には何でもかんでも

被害者として出てくればいいものでも

ないと思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました