【歯の痛み】歯医者さんに「食いしばりが問題じゃない?」といわれたら

鍼灸治療を試してみても
いいかもしれません。

食いしばりによる
歯の痛みの原因として
考えられることは大きく2つ

①噛みしめるための筋肉の疲労
②噛みしめ過ぎにより
歯に負荷がかかっている

■①噛みしめるための筋肉の疲労

噛みしめにより疲れた筋肉が
歯の痛みに似た感覚を引き起こしていたり
筋肉のコンディションが悪いので
歯の周辺のコンディションにも
影響しているのかもしれません。

■②噛みしめ過ぎにより
歯に負荷がかかっている

カラダは緊張状態に陥ると
無意識に歯を噛みしめることがあります。

顎を動かす筋肉は
人間の筋肉で一番強い力を
発揮するともいわれているので
噛みしめ過ぎによる歯への負担は
予想以上なことがあります。

①、②のどちらも
筋肉を緩めて
血流を改善してあげることで
症状を抑えることが期待できます。

筋肉を緩め血流を改善することは
鍼灸治療の得意分野ですので

歯医者さんで原因が
食いしばりだといわれた歯の痛みには
鍼灸治療を一度試してみる
価値があると思います。


■新セルフマガジン完成!
完全無料で配布中!

こちらのフォーム
からお申込みをお願い致します。



新潟市の出張治療 
大野達也(センキューオオノ)

■完全予約制。

早朝、夜間の治療お気軽にご相談ください。

■ご予約、お問い合わせ

こちらのフォーム
からお願い致します。

ホームページ

タイトルとURLをコピーしました